インプラントのクチコミ紹介

インプラントについて、インプラントの体験談について紹介しています!

インプラントのクチコミ紹介 TOP

インプラントのクチコミ紹介 TOP

歯の治療にて行われる「インプラント」をご存知でしょうか?
虫歯やその他の歯の治療、外傷などにより歯を失ってしまった場合、かつては「入れ歯」を利用する人が多くいました。もしくは、両隣の歯を削って歯を作る「ブリッジ」というものが、失ってしまった歯の代替として使われてきました。しかし、入れ歯は、入れ歯の手入れが大変であること、またブリッジは手入れは必要ないものの、両隣の歯を削ることから、削った歯の寿命が短くなるという欠点があります。また、入れ歯の場合には、硬いものをかむと痛みを感じたり、入れ歯が動いたりすることから、不快な思いもしながら使用するものとなります。
こういった問題点を解決して、失ってしまった歯の代替となるのが「インプラント」なんです。

「インプラント」とは、失ってしまった歯の代替として行われるもので、人工的に作られた歯を、失ってしまった部分に埋め込むことを指します。多くのインプラントは、純チタン、もしくはチタン合金から作られています。ねじのような形やシリンダー状の形をしており、歯の根っこのような形をしています。このインプラントを、かつて歯があった部分の骨に差し込むことで、人工的な歯ではあるけれど、より本物に近い形で人工歯を使うことができるのです。

このサイトでは、このようなインプラントに関する基本情報、および、クチコミ情報についてお伝えします。


インプラントの種類


失ってしまった歯の代替として最近よく使われるようになっている「インプラント」ですが、この「インプラント」には種類があるのをご存知でしょうか?
「インプラント」には、4つの種類があり、スクリュータイプ、シリンダータイプ、バスケットタイプ、ブレードタイプがあります。

スクリュータイプは、ねじの形をしているインプラントで、小さな穴で骨に埋め込むことができます。そのため、食べ物を噛むための力を上手に骨に伝えることができ、インプラントの中でも頻繁に使われているタイプになります。スクリュータイプの中には、先が細い「ルートタイプ」と、同じ太さの「ストレートタイプ」に分かれています。

シリンダータイプは、スクリュータイプと同じく多く使われているインプラントです。いわゆるねじのようならせんはなく、円筒形をし、表面がスムーズであることから簡単にすっと埋め込むことができます。しかし、表面積が小さいので初期の固定が弱くなりがちという難点もあります。シリンダータイプは2回の治療に多く使われています。

バスケットタイプは、ねじのようならせんがあるインプラントで、幾つかの穴があいており、中が空洞になっています。穴があるので骨が奥深く入り込みやすく、骨との結合がよりスムーズだとされています。しかし、中が空洞になっていることからインプラントが弱く、破損してしまうトラブルも発生していることから、最近ではあまり使われなくなっています。

ブレードタイプは、Tの字の板の形をしているインプラントです。薄くて幅も狭いので、骨が狭くて細かい部分でも使用することができます。ただし、力を入れたときに不安定になりやすく、破損しやすいことから、最近ではあまり使われていないようです。

どのインプラントを使用するかは、歯科医が患者さんの歯やはぐきの形などを見て決めることになります。


インプラントの手順


失った歯の代替として埋め込む「インプラント」ですが、このインプラントはどのような手順で行われるのでしょうか?
インプラントは、インプラントを歯に埋め込み、そこに代替となる歯をつけることから、1回の手術ではなく、数回にかけてひとつのインプラントを作ることになります。

まず初日には、歯茎を開いてインプラントを埋め込むための穴を開けます。インプラントが固定するためにしっかりと埋め込み、そして歯茎を閉じます。そしてインプラントが骨と結合するのを待ちます。

インプラントが骨と結合したら、もう一度歯茎を開いてインプラントのてっぺんを外に出します。その後は歯茎が完全に治るまで2週間から4週間待ちます。
歯茎が完全に治ったら、次は歯の型取りをします。そしてまた、歯茎が完全に治るまで1週間から2週間待ち、最後にインプラントに人工歯をつけ、お手入れの方法などを指導してもらい、完成となります。

インプラントには完成するまでに時間がかかりますが、インプラントをつけたら、自分の歯と同じように食べ物を噛むことができるようになるのです。


TOPへ